B47eec8d 994d 47e5 9e39 e4523ccfbcefアンケート
2015年06月12日

子どもの顔を見る暇がなかったことも・・・女性医師ならではの両立苦労エピソードとは?
女性医師アンケート結果速報②

Joy.neリリースを記念して実施した「女性医師のワークライフバランスに関してのアンケート」。前回は苦労の実態や両立への工夫やオススメグッズやサービスなど様々な声をご紹介しました。2回目の今回は、キャリアチェンジの実態や両立エピソードなどご紹介してまいります。

Q これまでキャリアチェンジをされた、

     またはキャリアチェンジを考えられたきっかけについて

     お答えください(複数回答可)

 

結婚               40.0%
出産               28.6%
お子さまの就学  17.1%
研修の修了      20.0%
専門医取得      14.3%
介護               2.9%
その他            20.0%
キャリアチェンジを検討したことはない 11.4%

キャリアチェンジを考える最大のきっかけは結婚のようです。出産よりも多いのはやや意外ですが、出産も想定して早めのキャリアチェンジを検討する先生が多いのかもしれません。

ちなみに「その他」と回答された先生方からは、「留学」「労働条件の改善」「教授の退官」「自身の病気」といった理由があげられていました。

今回のアンケートとは別出典ですが、「日経メディカル」2015年1月号では、「夫婦ともに医師で、出産や子育てを理由に退職や転職をした女性医師は約4割」との調査結果も掲載されていました。これらから見ても、結婚、出産が女性医師のキャリアチェンジの大きなきっかけとなっていることは明らかなようです。

ライフステージの変化に応じて、働き方も変化させる。これは、他の職業同様まだまだ女性の側での対応が主というケースが多いと言えるのかもしれません。

キャリアチェンジするなら
医師の常勤求人検索はこちら『Dr.転職なび』
  アルバイト検索はこちら『Dr.アルなび』
エムステージ産業医サポート【医師向け】

子どもの病気や突発事態でも休めない時も

次に、仕事と生活との両立の中での苦労にはどういったことがあるのかを見ていきましょう。こちらに関しては、主に育児との両立についてのエピソードが多数寄せられました。

「子供の参観に間に合わず、子供に泣かれた。今は『ママは仕事でしょ?』とすぐに言われる(外科、30代後半、大阪府)」
「子どもが病気をしても休めない時、『なんのために仕事してるんだ?』と矛盾を感じ辛かった(小児科、30代前半、大阪府)」
「子どもが1歳の頃、比較的定時に帰りやすい職場にいましたが、それでも、突発事態が起こった時は、一旦保育園へ迎えに行き、24時間保育の園に預けなおして、職場に戻ったことがあります(小児科、40代後半、神奈川県)
「子供は一番大切なので、子供が病気の時にも仕事が休めない状況だったことが、精神的には辛かった(内科、40代前半、東京都)」
「子供が病気の時にやむなく保育園に預けたことで夫に非難された。自分の実家が遠いので、協力を仰げなかった。2子が保育園に入れず、2ヶ所掛け持ちしていた(皮膚科、40代後半、愛知県)」
「自分の患者さんが急変して夜中に帰って寝ようとしたらまた急変して病院を行ったり来たりした1週間とかでしょうか。子供の顔を見る暇がありませんでした(呼吸器内科、30代前半、大阪府)」
「親と子供が同時に入院したとき、大学の病棟主任から罵声を浴びせられた(眼科、40代後半、愛知県)」

お子さまの体調不良時、そして患者さんの急変時などの緊急対応に苦労が大きいようです。命を預かる重責を担う医師という職業。お子様の体調不良時にも代わりを立てることも難しく、他の職業以上に仕事優先が求められるのが現実。その苦労は、はかりしれないものがあるようです。ある先生は、「永遠にこの状況が続くのではないかと毎日途方に暮れた」ともおっしゃられていました。

また、お子様の体調不良時や突発的な状況へのリスクヘッジをされている先生も多くいらっしゃいました。「病児保育の利用申し込みをしておくだけでは不十分。両親へのいざという時の対応依頼、ベビーシッターサービスの利用申し込み、ファミリーサポートやシルバー人材サービスの申し込みなど、二重三重の保険をかけておくことが大切です(内科、30代後半、岡山県)」「子どもの体調によっては、どうしても休まなければならないこともある。その時、少しでも周囲からの理解を得られるように日ごろ雑用を進んで引き受けるといった環境づくりも必要(内科、40代前半、宮城県)」といった意見もあげられていました。

前回ご紹介した両立の工夫同様、様々なアイデアで綱渡りな日々を乗り切られている姿が浮かび上がっています。

次回は、後輩女性医師へのアドバイスをご紹介いたします。経験に裏付けられた説得力高いアドバイスが多数。是非、ご期待ください。

医師の常勤求人検索はこちら『Dr.転職なび』
  アルバイト検索はこちら『Dr.アルなび』
エムステージ産業医サポート【医師向け】


関連記事

仕事6割、子育て6割。足せば12割でキャパオーバー!? 
女性医師アンケート結果速報【番外編】

女性医師アンケート結果速報①
割り切り上手は両立上手!?  女性医師のワークライフバランスの実態