3cf8ac1e c1ad 44d5 b05a d10d280da80cアンケート
2016年04月25日

女医たちの職場事情。
看護師さんとうまくやってますか?

新年度が始まり、職場に新たな顔が加わったり、新天地で新スタートを切ったりと、働く環境が変わった方も多いのではないでしょうか。そこで、気になるのが職場での人間関係。とくに看護師さんとのコミュニケーションは重要であり、そこに難しさを感じる女性医師は少なくないようです。joy.netパートナーの先生方から院内での人間関係で困ったこと、その対策法について聞いてみました。

女同士だから? やっぱり男性医師と比べて女医は不利。

「女医はプライド高そう」「愛想がない」などのイメージから看護師さんから敬遠されることもしばしば……。「これってイジメ?」と思う出来事があっても冷静に切り抜ける、人間力の高さがカギになるようです。

「女性同士だと何気ないやりとりでもギクシャクする場合が多い」(眼科)

↓対策法

「できるだけウソはなく、言葉は優しく、思ったことを言いあえるオープンな環境作りを心がけている」

 

 「研修医の頃は看護師との人間関係の距離感が掴みづらかった」(小児科)

↓対策法

「病棟の食事会などで打ち解けてからは、お願いしにくい指示が伝えやすくなりました」

 

「女医だからという理由で看護婦さんにいじめられる」(一般内科)

↓対策法

「“患者さんを必ず助ける”という徹底した姿勢を見せると、看護師さんが少しずつ信頼してくれ態度が変わってきた」

看護師さんとの付き合い方のルールが見えている先生がいる一方、物申せずストレスを溜めこんでいる先生も。「私がいた職場には意地悪な看護師が多く落ち込むことがありましたが、対立するとしんどいので、とにかく謙虚にふるまっていました」(内科)「意味不明のドクターコールや真夜中に“この時間に必要?”と思える薬の処方を頼まれたり……。何も言えずひたすら我慢するしかなかった」(循環器内科)。

看護師さんの力量に合わせた付き合い方。

キャリアのある看護師さんであればあるほど、プロ意識が高く、意見がぶつかることも多々あります。そんな時に真正面から対決しても意味がないと柔軟にかわす女医たち。知識不足の新米看護師さんたちには、気遣いやフォローを確実に入れてサポート。そういった臨機応変さは、きめ細やかな女性医師だからこその成せるワザ!

「明らかに看護師の意見が医学的に間違っていた際(血液検査の解釈など)、はっきり否定するとカドが立つので、いかにやんわりと自分の方針を伝えるかが大事。苦労しています」(精神科)

↓対策法

「相手を全否定せずに、“でも、こういう考え方もありますよね”という言い方で、さりげなく間違いに気付いてもらうようにしています」

 

「看護師さんのレベルに差があり、通常の医療用語が通じなかったり、こちらが当たり前と思っていることが分かっていなかったりと病状認識に差があり過ぎる。どうやって伝えていいか分からないときがある」(内科)
↓対策法
「噛み砕いて分かりやすくカルテに指示を記入したうえで“この内容でみんなが理解できるだろうか”と看護師に聞いてみる。足らないようだったらさらに説明を加え、それでも伝わらなかったら、やって欲しいことだけを端的に伝える」

 

「看護師が意見を主張してきたり、仕切ってきたりすると嫌になります」(内科)

↓対策法

「イラ立たずにあくまでも謙虚な姿勢で要望を伝えています」

 

「看護師が指示を守ってくれない、無視するなどの嫌がらせに悩まされたことがある」(科目非公開)

↓対策法

「意思疎通がうまくいかないことで患者さんに何かあったら問題なので、逐一確認しながら物事を進めています。口頭指示だと言った言わないでトラブルになるので、文章で伝えることを心がけています」

 恋愛のもめ事に対しての予防線。

男性と肩を並べて活躍している女性医師は、恋愛沙汰においても看護師さんの嫉妬のマトになりやすい。トラブルになる前に予防線をはっておくパターンも。

「看護師に同僚男性医師のライバルに勝手にされ困っている」(眼科)

↓対策法

「できるだけスッピンに近い状態&メガネで地味にしている」

時短勤務の時こそ丁寧な交流が大事。

職場のスタッフといる時間が限られている時短勤務。周囲とのコミュニケーションをいっそう密にすることが、仕事をスムーズに進めるに必要なのです。

「育児中のため時短勤務なので、周囲にはすごく気を遣っています」(科目非公開)

↓対策法

「気になることがあっても余計なことは言わないようにしている。看護師の間で医師の当直、オンコールの愚痴になったらひたすら“そうだよね”聞き役に徹します」

 

「準夜帯以降の“まったりコミュニケーション”でみんなと仲良くなれるものだと思っているのですが、子育て中で帰る時間が早くなかなか取れない。先輩後輩たちとの飲みニケーションの場にも行けず、取り残され感を覚えることがあります」(外科)

↓対策法

「TPOをわきまえつつ、子連れで飲み会に行くことをいとわないようにしています」

 面倒くさいドクターたちには――。

看護師さんたちとはまた別の難しさがあるのが男性ドクターとのやりとり。横柄な態度にクソッと思いながらも、大人の姿勢で律儀に対応する女性の先生たち、さすがです。

「忙しくなると上司が不機嫌になり、コミュニケーションが取れなくなること」(緩和ケア)

↓対策法

「顔色をうかがい上司をおだてて上機嫌にさせながら話すように工夫しています」

 

「医師はプライドが高く、わがままな人が多い。夏休みなど交替で長期休暇を取るときに、お互いの都合がバッティングしても譲らず、折り合いをつけるのに毎回苦労する」(一般内科)

↓対策法

「夏休みを取るときは、半年前から根回しをしている。休暇の話を切り出すときは、機嫌が良さそうなタイミングを狙い、褒めちぎりながら自分の希望を伝えている」

 

 「他科のドクターですが、挨拶をまったくしない。見ていて恥ずかしい。医者以前の問題として人としてありえない」(麻酔科)

↓対策法

「半面教師にして挨拶は積極的にするようにしています。明るく、からっと誰とでも」

コメディカルを味方につけるが勝ち。

医師と看護師、理学療法士、栄養士などを含めたコメディカルスタッフたちが一体となって患者さんの治療にのぞむチーム医療が主流になっている今。だからこそ大切にしたいコメディカルとの連携、チームワーク。

「コメディカルとの接し方はとても大事。嫌われると業務に支障を来たします」(呼吸器科)

↓解決法

「どんな状況でも命令口調にならず、礼儀正しくふるまっています」

 

「仕事の段取りの悪いコメディカルがいると仕事の能率が落ちます。ただし、それを細かく指摘するのもエネルギーを消費するので疲れる」(内科)

↓解決法

「ある程度は本人の能力の問題として割り切り、大目に見る。周りでフォローしながら治療の質を高めることを目指す」

 

「概して薬剤部、放射線部のスタッフは変にプロ意識が強くてチーム医療の際にトラブルになりやすい。会議でムスっとしていたり、たまに口を開いたかと思うと、議題にのぼっている連携企画を根本からけなしたり。“先生”と呼ばれないとへそを曲げたり、オーダー票に不備があると鬼の首を取ったように文句を言いに来たり、扱いに困ることが多い」(内科)

↓解決法

「こちらの果たすべき仕事がスムーズにいくように、“○○先生のおかげでいつも助かってます”などプラスの言葉を必ずかける」

 

 「苦労はないですね~」(内科)

↓アドバイス

「どんな職種の方にもきちんと笑顔で挨拶、気軽な声かけを意識しています。掃除のおばちゃんにも挨拶は基本です。それから、他業種との飲み会の時にはお高く見られないようにめちゃラフな格好をするように心がけています。ブランドバッグなどは持っていきません。その代わり、医師だけの食事会は思いっきりゴージャスにしていますね(笑)」

人間関係がうまく行っているケースのポイントは、基本中の基本である「挨拶」なんですね! ドクター、コメディカルそれぞれが専門家としての能力を最大限に発揮できてこそ、質の高い医療が提供できるもの。お互いが何気ない感謝やねぎらいの言葉をかけあい、相手を理解する許容範囲の広さを持つことが、滞っていたコミュニケーションの潤滑油になるのかもしれません。

joy.netではアンケートを実施し女性医師の生の声を募集しております。多くのエピソードを集め記事に反映したいと思っておりますので、パートナー登録をお待ちしております。


<関連記事>

連載:Dr.まあやの「今日も当直です」
第2回 非常勤の生きる術。

~女医たちの研修医時代【名言集】~
「君が勉強しないと患者が命落とすよ」etc
カンフル剤となった先輩医師からの言葉。

「人生最大のモテ期!」「指導医との恋」「忙しくて余裕ナシ」
人生の明暗をわける(!?)研修医時代の恋愛模様。

今思い返しても背筋が凍る、
研修医時代のピンチ、怖かった出来事。