1c81556b a431 4109 9e38 74b5c9d8f765医療トピックス
2015年05月30日

女性医師フレンドリー医療機関を訪ねて
働きやすさだけじゃない。キャリアアップ支援も万全!
熊本セントラル病院

ワークライフバランスを叶える職場環境作りに積極的で、多様な女性医師が最大限に活躍できる医療機関。Joy.netでは、そんな先進的な医療機関を「女性医師フレンドリー医療機関」としてご紹介してまいります。

今回ご紹介するのは、熊本県菊池郡大津町の医療法人潤心会熊本セントラル病院。熊本インターより15分との好立地ながら、各窓からは季節ごとに違った色合いを見せる阿蘇山の雄大な眺めを楽しめます。

女性医師支援、子育て支援について多数取材も受けられているというこちらの医療機関。そのカギは、両立支援だけに止まらないスキル向上、キャリアアップ支援まで柔軟に整備されていることにあるようです。ということで、熊本セントラル病院の女性医師フレンドリーポイントを4つご紹介いたします。

医師の常勤求人検索はこちら『Dr.転職なび』
  アルバイト検索はこちら『Dr.アルなび』
エムステージ産業医サポート【医師向け】

【ポイント①】女性医師に配慮した勤務体系が魅力的!

女性医師は当直が免除されるのはもちろんのこと、 働ける勤務時間に応じた契約も可能。週4日・28時間などの勤務体系も可能(社会保険完備)。

【ポイント②】もちろん院内託児所完備!

行事や保育プログラムも充実、気になる外遊びスペースも広々。HPに掲載されている子どもたちのイキイキした顔が印象的です。

【ポイント③】復職やスキル向上への手厚いフォロー!

10年のブランクがあった女性医師の専門医取得も実現。女性医師に配慮した勤務体系だけでなく、復職開始からのスキルアップまで状況に応じて整えられています。子育てから臨床に戻るまでの道筋が長期的なスパンで描かれていること、また各専門科に2名以上常勤を配置していることが手厚い対応を可能にしています。

【ポイント④】常勤医師31名中8名が女性医師!

割合は30%と平均的ですが、DPC3群の急性期病院としての役割も担う中の数字としては高いと言えるのではないでしょうか。また、31名という決して多くない母数の中で、これだけの体制を整えられていることが素晴らしいと思います。 

ちなみに、人事課長は女性という要素も大きいとのことです。

いかがでしょうか。働きやすさはもちろん、復職やスキル向上へのバックアップ体制も万全なため、長期的なキャリア開発が可能だと実感できる医療機関ですよね。真の意味での「女性医師の活躍」を進められている本気度を強く感じます。

また、女性医師支援が制度としてあるだけではなく、実際に積極的に利用されていること、病院全体として支援を特別なことでなく普通のことと捉える高い意識が根付いていることも非常に素晴らしいですね。

医師の常勤求人検索はこちら『Dr.転職なび』
  アルバイト検索はこちら『Dr.アルなび』
エムステージ産業医サポート【医師向け】

医療法人潤心会 熊本セントラル病院
許可病床数308床(一般)。入院基本料一般病床10:1 167床、回復期リハビリ病床45床、地域包括ケア病床47床、障害者施設等一般病床49床
http://www.kchosp.or.jp/