Be083404 dbc0 4fdc bec2 eb04e2a85a4e子ども・暮らし
2015年07月15日

【女性医師からの寄稿】
偽母乳販売のニュースに思うこと

世間に衝撃を与えた偽母乳販売。現役のワーキングマザー糖尿病専門医が、母乳神話や誤った情報が氾濫する現状への思いをコラムにまとめてお寄せくださいました。

高額の偽母乳販売は
我が子への愛情を利用する悪質なビジネス

東京に住む30代の新米お母さんは出産後母乳があまり出なかったという。“赤ちゃんは完全母乳で育てないといけない”という誤った情報を信じて疑わず、彼女は通販で“母乳”とうたっている商品に手を出し、それを生後間もない我が子に与えたという。実はその“母乳”なるものは、不衛生極まりない代物であり粉ミルクが混ざった“偽母乳”だったというニュース。

このニュースを読んで私がまず驚いたのは、“母乳”なるものが売買されているという事。そして母乳の販売に現在法的規制はなく無法地帯だというのだ。そのお母さんが購入したとされる“母乳”は50ml5000円だったという。粉ミルクの中で一番高価であろうE赤ちゃん(森永)でも50ml25円程度であり、あまりの高額ぶりに絶句である。思うように母乳を与えられなくて悩むお母さんの我が子への愛情を利用する悪徳極まりないビジネス。このような詐欺まがいのビジネスが成り立っているという信じがたい事実に私は驚きと怒りそして悲しみをも感じる。

女性を苦しめる”母乳神話”
母乳のみにこだわる必要は全くない

この背景にある“赤ちゃんは母乳だけで育てなければいけない”という誤った母乳神話を見過ごす訳にはいかない。厚生労働省の乳幼児栄養調査(2005年)によると、妊娠中の女性の96%が「母乳で育てたい」と回答している。しかし実際に母乳だけで育てている割合は生後1カ月が42.4%、3カ月は38.0%だという。授乳の悩みでは「母乳が不足ぎみ、出ない」が48.1%で最多だったという結果がある。ほとんどのお母さんは母乳で育てたいと思っているが、実際はなかなか思うようにはならないのだ。母乳が出ない人は出ない、様々な事情で与えたくでも与えられないお母さんも沢山いるのだ。

私自身のことを言えば、出産後から母乳は決して十分に出ていたとは言えず、粉ミルクには非常にお世話になった。現在の日本製の粉ミルクは栄養価も母乳と遜色ないし、母親の体調に左右されず安定した栄養を与える事が出来るというメリットもある。お父さんをはじめ、おじいちゃん、おばあちゃんが子や孫にミルクを与えられるので育児の喜びを分かちあえる事も出来る。今は亡き実父が孫(私の子供)を抱いて、“ミルクを飲んでる!!!飲んでる!!”とニコニコと嬉しそうに授乳している姿を見て、いつも寡黙だった父がこんなにも優しく幸せそうな表情をするのか、と涙腺が緩んだ事を思い出す。

また私が産後数か月でスムーズに職場復帰出来たのも、母乳と粉ミルクの混合栄養だったからと思う。母乳のみにこだわる必要は全くないし、何の問題もないのだ。母乳育児に執着せずに優しく穏やかな気持ちで育児をする事が一番だと思うのだ。

授乳指導の格差を解消し、
出産後もお母さんをサポートする体制を

前述の乳幼児栄養調査(2005年)によると、医療機関等で妊娠中に母乳育児に関する具体的な指導を「受けた」と回答した者は63.1%、出産後に「受けた」と回答した者は67.9%だった。一方、妊娠中及び出産後に「受けなかった」と回答した者はそれぞれ29.0%、23.5%、「受ける機会がなかった」と回答した者が7.4%、6.9%だという。この数字から、病院や産院での母乳育児指導に格差があるのが分かる。妊娠中から母乳育児に対しての正しい情報を与え、健やかに育児が出来るように出産後も継続的にお母さんをサポートする体制を整える必要があるだろう。

そしてこの記事を読みながら、このお母さんはとても孤独だったのではないだろうか、と心を痛めた。愛する我が子を抱くことは幸せいっぱいで喜び溢れているはずなのに、思うように母乳が出ない。罪悪感と絶望感に苦しみ、追い詰められたお母さん。彼女が育児の悩みを何でも相談出来て、話を吐き出せる場があったのならば不安や心配が解消されただろうし、怪しい母乳に手を出すことなどなかったのでは、と思うのだ。

またこの一件でタレントの北斗晶さんがブログで『母乳がいいのは分かってる。だけど、出ないもんは出ないんだよ』と一喝。北斗さんは息子さん達をほとんど粉ミルクで育てられたといい、今は立派に元気に大きくなっていると写真つきで紹介された。その温かさと強さに、母乳で悩むお母さん達はすごく勇気づけられたことだろうと思った。

偽母乳販売のニュースを読みながら、出産を経験した母親の一人して社会の様々な問題を考えるきっかけにもなったし、と同時に医療者として正しい情報を発信する義務もあるのだと感じた。


「偽母乳」問題への先生方のご意見はいかがでしょうか。
是非コメント欄かこちらよりお寄せください。


医師の常勤求人検索はこちら『Dr.転職なび』
  アルバイト検索はこちら『Dr.アルなび』
エムステージ産業医サポート【医師向け】


関連記事
【現役女性医師からの寄稿】
育児と大学病院勤務との日々を振り返って

「仕事が増える」と嫌な顔をされた!?
女性医師が妊娠したら・・・