D0e933bc 92e8 4276 93dd 026b6f59d0b7連載・コラム
2016年07月27日

連載:麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第9回 デキる医師に見せるには…

関東圏の急性期病院で働く麻酔科医ひつじ先生が綴る麻酔科女医の日常。今回は、デキる医師に見せるtipsについてです。信頼できる医師に見せるつもりがなぜかあらぬ方向に……

研修医は毎日、疾患のこと以外にも処置、検査の仕方、沢山のジェネリック薬品、インフォームドコンセントの実践など覚えることが盛りだくさんです!日々の業務をパターン化して要領よくテキパキこなす研修医は、『デキる研修医』に見えますが、臨床のイレギュラーな出来事やトラブルシューティングにも上手く対応して、デキる『医師』になって欲しいと思います。

例えばVラインを失敗し「ちょっと!痛いんだよ!」と患者さんに怒られると、研修医ならちょっと動揺しますよね。上級医がもう一度やってごらんと目で合図してもプレッシャーが...。上級医だって失敗することはありますがどうして患者さんに怒られないのでしょう?

ひつじ「君(研修医くん)はいま針を刺すとき『ちくっとしますよ』と言ったね、でも針を刺すのにそれで済むかな?わたしは『痛いですよ』とはっきり言うよ。そうやって心の準備をしてもらえば患者さんの期待を裏切らないからね。」

期待を裏切らないイコール、慣れてるっぽい、上手そう、信頼できそう、安心…。そういった雰囲気作りも医師として必要なスキルです。また刺すときに手に力を入れさせておくのは余計に痛く感じるので、刺す直前には脱力してもらってリラックス〜(笑)。駆血してから何度か手をにぎにぎしてもらえば、そのあと脱力しても血管は案外よく見えるんです!

点滴のプレッシャーその2、患者さんが点滴をとる手元をじぃっと見つめる場合。

ひつじ「見ていても平気ですか?」
患者さん「あ、見ない方がいいんですか?」
ひつじ「いいえ、見ても結構ですけど、ときどき気分が悪くなる方がいますので…。まぁそうなったら自己責任ですからね、うふふ。」

この余裕が安心できる雰囲気作りよねと思っていたら、外科医がぼそっと一言、「なんかエスですね」。
翌日、術後診察で訪室した患者さんにも「あ、昨日の『ドS』の麻酔科の先生ですよね、よく覚えています」と言われました。

うーん、なんか違います?


関連記事
連載:麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第8回 麻酔科医の殺し文句!?

連載:麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第7回 麻酔科医は音に敏感

連載:麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第6回 初期研修医へ挿管実習やってます!

連載:麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中 
ー第5回 女医は医師に見られない!?

連載:麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第4回 警告! 手術前の一服のリスク

麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第3回 麻酔科女医的乳がんトレンド実感と早期発見への提言

麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第2回 麻酔科女医のコンディションの整え方 

麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中 第1回