83ff63b4 dd52 4c56 91d3 511d0182e08f連載・コラム
2016年08月26日

マンガ:のうげかなう。joy.net支店
第3回 医師のモテの男女格差

男性医師はバラエティに富んでいながら総じてモテる! 一方の女性医師は……。医師の男女のモテ格差が生まれる背景を赤木先生が考察します。

第3回 医師のモテの男女格差

 

「看護師に捕まった」

 色々と失礼な表現で申し訳ありませんが、実際にこの言葉を耳にされたことのある方も多いのではないでしょうか。特に、高校~大学まで勉強漬けで女性に免疫のない真面目な研修医が、男性医師にガンガン迫っていくタイプの看護師さんとくっついた時などにこんな言われ方をしますね。私の周りではそんな流れで結婚した人たちはみんな幸せそうなので、個人的には「そんな風に言わなくても…」という気持ちですが。

 ただそんな「捕まる」と半ば揶揄されるような状況も実はボーナスなんだな、と印象に残っていたので今回記事に書かせていただきました。厚労省のデータによると、男性看護師が増えたとはいえ看護師の男女比は1:9くらいです。薬剤師や臨床検査技師も3:7くらいで女性の方が多いです。どうしても圧倒的に男性医師のほうが職場で出会いやすいのです。

さらにこれは完全に私の主観的なイメージですが、男性医師と女性医師のルックスの平均点を比べると男性より女性の方が確実に上です。女医さんは総じてキレイな人が多いですが、男の医者にはイケメンからブ男まで色々豊富にそろっていて、身なりに気を遣わない人の割合も比較的高い印象です。

 そこに上記の需給バランスの圧倒的な偏りが加わると、どうしても「美女と野獣」という見ためのカップルが成立しやすくなります。出会いのチャンスの格差に加えてそのようなルックスの「逆格差」があることが「男の医者ばっかりずるいわー」と言われる原因のひとつなのではないでしょうか。

■作者:赤木 継
某大学病院に勤務する脳神経外科医。2児の父。ライブドアブログ「のうげかなう。」にて、4コマ漫画とエッセイで脳神経外科医の日常を綴っている。


関連記事
のうげかなう。joy.net支店
第2回 美人女医に思いを馳せれば・・・

のうげかなう。joy.net支店  脳外科医♂の女性医師観察記+α
第1回 女性脳神経外科医はストイック!