D0e933bc 92e8 4276 93dd 026b6f59d0b7連載・コラム
2016年11月10日

麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第12回 フルストマックの麻酔でのたしなみ!?

関東圏の急性期病院で働く麻酔科医ひつじ先生が綴る麻酔科女医の日常。今回は、緊急手術前に焼肉弁当を食べてしまった患者さん対応のエピソードです。ひつじ先生のハンティングマインドに注目!
 
「ひつじセンセー、緊急手術の患者さん入室でーす。」
 
「はーいこんばんは、麻酔科医のひつじです。よろしくお願いします。この手術は全身麻酔で行いますので、色々準備を始めます。...それで、お食事やお飲み物を最後に召し上がったのは…、なるほどご昼食ですか。お飲み物もそれ以降摂っていらっしゃらないのですね、わかりました。で、ご昼食は何を召し上がりましたか?ははぁ駅弁ですか、ちなみに何弁当を...え?焼肉弁当?
 
最終経口摂取の時間とその内容、これは麻酔科医が緊急手術の際に確認する必須事項です。全身麻酔に必要な挿管(気道確保)を安全に行えるかどうかは患者さんの生命予後に関わります。つまり胃に食物残渣がある(フルストマック)と麻酔導入時に嘔吐し、誤嚥性肺炎を起こすリスクが高まるからです。
 
日本麻酔科学会のガイドラインで、清澄水(水やスポーツドリンクなど)は術前2時間、固形物は軽食程度なら6時間、肉や揚げ物などは8時間と絶飲食の時間を取れば、誤嚥のリスクは増加しないとされています。もちろん患者さんの状態によってはこの限りではありません。
 
...え?焼肉弁当?昼食から6時間経過…。はいフルストマック決定〜、クラッシュインダクションで挿管するよー、サクションの準備しといてー、クリコイドプレッシャーよろしくー。じゃあ挿管するよー、喉頭鏡と挿管チューブくださーい、オッケー、挿管終了!介助の看護師さんと息を合わせて誤嚥することなく無事に気道確保ができました。
 
挿管後、胃菅を入れて胃内容物を吸引、除去しておくと良いですよね。とりあえずフルストマック挿管のヤマ場を超えて少しリラックスしたひつじは、フンフーン♪と気分よく胃菅挿入もスムーズ。胃内容物を吸引しながら『焼肉弁当引けるかな〜』なんてうっかり口にして外科医がドン引き。あぁすいませーん(笑)。
 
時にはおにぎりの具の種類まで聞いたりもしますが、麻酔科医が最終経口摂取のメニューを根掘り葉掘りお聞きするのはれっきとした医学的理由があるからです。変な趣味ではありませんよ!
 
■プロフィール:ひつじ
関東圏の急性期病院で勤務する麻酔科医。卒後13年目の麻酔指導医、集中治療専門医として激務をこなす。一般職の夫と2頭のラブラドールレトリーバーという家族構成。家庭も仕事も両立できるのは、夫の深い理解のおかげと日々感謝。謙虚に仕事に取り組んでいるつもりなのに、
何故だかドSキャラ。
 
 
 
麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第9回 デキる医師に見せるには…

連載:麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第8回 麻酔科医の殺し文句!?

連載:麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第7回 麻酔科医は音に敏感

連載:麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第6回 初期研修医へ挿管実習やってます!

連載:麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中 
ー第5回 女医は医師に見られない!?

連載:麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第4回 警告! 手術前の一服のリスク

麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第3回 麻酔科女医的乳がんトレンド実感と早期発見への提言

麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中
ー第2回 麻酔科女医のコンディションの整え方 

麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中 第1回