Cbe3d3b2 bba5 421b a783 149b90cdd4f5子ども・暮らし
2015年08月17日

ホテル派もテント派も夢中!
グランピングでかなえる、贅沢なアウトドア体験

子どもたちに自然体験をさせてあげたいけれど、
正直キャンプはちょっと苦手……。
そんなあなたにこそオススメしたいのが、キャンプならではの自然環境とホテルの快適さを兼ね備えた究極の滞在、「グランピング」です。

グランピングとは、「glamorous(グラマラス)」と「camping(キャンピング)」を掛け合わせた造語で、数年前から新しいアウトドアスタイルとして海外で人気を集めていました。

最近では、日本でもグランピングを提供する施設が続々登場。
夕日をバックにシャンパングラスを傾け、
星空観察を堪能したら、虫の音をBGMにベッドの上で眠りにつく。
そんな夢見心地の体験を約束してくれる、珠玉のスポットをご紹介します。

とびきりスタイリッシュな隠れ家的ビーチキャンプリゾート
FBI First class Backpackers Inn.(船瀬ビーチイン)

県道から伸びる細い坂を下ったビーチフロントに広がるのが、看板のないキャンプ場「FBI」。世界中を旅してまわった、キャンプ好きの仲間たちと作り上げたという唯一無二の空間は、なんと設計も施工もすべてオリジナル。それぞれが旅先で出会い経験してきた、選りすぐりのエッセンスやテイストが
随所にちりばめられています。

まるで海外の別荘を訪れたかのようなスタイリッシュなウッドデッキ付きのキャビンに加えて、今年新たに誕生したのが「ティピー」と呼ばれるスウェーデン製の常設テント。ダブルベッドやテーブルを揃えたものやウッドフロアの上にフカフカのマットレスを敷き詰め、囲炉裏を備えたものなど、個性豊かなラインアップに心躍ります。

昼はカフェレストラン、夜は本格的なバーとして営業するビーチハウスは、
自炊が苦手な方にも嬉しいスポット。
淡路牛を使ったハンバーガーやロコモコ、自家栽培の採れたてミントをたっぷりと使った名物のモヒートなど、一度は味わってみたい逸品揃い。
1日限定組数で楽しめる、潮風が心地よいウッドデッキでのBBQもオススメです。

日中は、目の前に広がる遠浅の透き通ったビーチで存分に遊び、
夕暮れ時には水平線に沈む真っ赤な夕日に心を休めて。
子どもたちが寝静まった頃、夫婦で焚き火を囲みワイングラスを傾ける。
そんなゆったりとした滞在をかなえてくれるのも、
プライベート感あふれる小規模リゾートならではの特権かもしれません。

FBI First class Backpackers Inn.(船瀬ビーチイン)
http://www.fbi-camping.com/awaji/

開放的な大自然を独占できるアメリカンアウトドアリゾート
伊勢志摩エバーグレイズ

目の前に広がるのは、青く澄み切った青空とどこまでも続く
プライベートラグーン。伊勢志摩国立公園のほぼ中央に位置する「伊勢志摩エバーグレイズ」は、自然豊かな環境の中で多彩なアクティビティやグルメ、
そして至れり尽くせりの贅沢な滞在をかなえてくれる
新感覚のアメリカンアウトドアリゾート。

プライベートカヌーでの散策が楽しめるレイクサイドのキャビンや、
20品以上のコールマンのアイテムが無料でレンタルできるテントサイトなど、
魅力的な施設が多彩に揃います。

中でも注目なのが、なんと占有面積約2,100平米を誇る、プライベートラグーンを備えた「グランピング カリブ カヌー付」です。自然の風を感じながら癒しのひとときを味わえる「スウィートバス」、憧れのロケーションで炎を見つめる「水上ファイヤーデッキ」など、アウトドアに「快適性・くつろぎ・優雅さ」を融合させた夢のような空間は日本にいることを忘れてしまいそうなほど。

また、宿泊施設だけでなく、本格的なアメリカンスタイルのBBQにも定評があります。日本では珍しい、アメリカンBBQの定番「ベイビーバックリブ」や「ビアカンチキン」、魚介の旨味を堪能できる贅沢な「ブイヤベース」など、ワンランク上のアウトドアグルメが堪能できるのも魅力。

旅慣れた大人たちをも満足させるハイクオリティな施設でありながらも、年間を通してイベントごとに多彩なプログラムを開催するキッズクラブや夏季限定で解放するキッズプールも大好評で、ゲストの大半が子連れファミリーなのだそう。

ぜひ連泊して充実のアクティビティやグルメを存分に満喫したい、
キャンプビギナーにオススメのスポットです。

伊勢志摩エバーグレイズ
http://www.everglades.jp

「首都圏から最も近い離島」で体感するスローな島時間
初島アイランドリゾート

一周わずか4キロの、タクシーもコンビニもない「初島」。
首都圏から好アクセスにもかかわらず、ひとたび足を踏み入れれば
スローな島時間が体感できる小さなリゾートアイランドです。

人気の宿泊施設、「アイランドキャンプ ヴィラ」は、海を見下ろす丘の上に立地。南国リゾートのヴィラを思わせるコテージタイプですが、より自然を体感できるよう、屋根や壁はテント地仕様。一方で、二重構造の天幕に冷暖房完備、フローリングの床にマットレスも備わっているので、夏でも冬でも快適です。

潮騒や海風をBGMに眠りにつく時間は格別。
夕食や朝食は、部屋まで運んでくれるので、移動のわずらわしさもありません。
広々としたテラスで、時間を気にせずのんびりと過ごすことができます。
ハンモックに横たわって読書を楽しんだり、一面の星空を眺めたり……。

こちらのリゾートの自慢は、海岸線ギリギリにつくられた露天風呂「海泉浴 島の湯」。湯船に浸かりながら海に溶け込み、海の丸さを感じることができる絶景風呂は、心も身体も伸びやかに解放してくれることでしょう。

一年中南国の花が咲き乱れる「アジアンガーデン R-Asia」や自然体験施設「SARUTOBI」は、子連れファミリーにも人気です。シーフードBBQ など、海の幸もたっぷりと満喫することができるのは島ならでは。

熱海から高速船で気軽にアクセスできる「初島」で、
快適なグランピングを体験してみてはいかがでしょう。

初島アイランドリゾート
http://www.hatsushima.jp/island/index.html

■文 河合 かおる

医師の常勤求人検索はこちら『Dr.転職なび』
  アルバイト検索はこちら『Dr.アルなび』
エムステージ産業医サポート【医師向け】


関連記事
ファミリーで楽しめる施設が充実!
心身を癒すスパリゾート特集

大人も子どもも大満足!
星降るリゾートへ、いざ。