F616a25e dfbe 4cd9 9387 a0082e64feccリフレッシュ
2017年06月22日

夏の新商品が続々登場!
ごほうびおやつ、ハーゲンダッツを病院シーンに合わせて処方します

コンビニでも買える至福スイーツ、ハーゲンダッツ。joy.netで連載『麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中』第2回にも貢物として登場するなど、院内でもプチ贅沢な逸品として確固たる地位を確立しているようです。

ミニカップはバニラ、クッキー&クリームなどの6種類の定番に加えて、期間限定で登場するアイデア豊かな新商品にワクワクさせられるのもハーゲンダッツらしいエンターテインメント性! 

そこで、この夏の新作についてハーゲンダッツ商品開発担当の方々にうかがってみました。せっかっくなので「朝から大量の外来患者でぐったり」「残業させちゃったナースにお礼したい」など、院内での困りごと=症状別に、厳選アイテムを“処方”。開発秘話、1961年創業からのストーリーを知ると、新たなおいしさに出合えます。

写真/マーケティング本部のクリスピーサンド・クランチークランチ担当・河野祐子さん(右)、ミニカップ担当・竹田果林さん(左)

 【沖縄】交通費支給スポット案件をリサーチして
バイトついでに沖縄で夏休み

女医のお疲れ具合に合わせて
新商品を処方します!

症状午前中の外来だけで50人! 話し続けて喉はカラカラ。午後の外来まで時間もない……。だれか助けて~!

処方『クリスピーサンド エスプレッソ マキアート ~マスカルポーネ仕立て~』(6/6発売)

「デザートドリンクをイメージしたこのアイスクリームで暑さと忙しさで疲れたココロをうるおしてください。すっきり&ビターなエスプレッソソースとマスカルポーネバニラアイスクリームの甘みで、短時間でリセットできますよ」(クリスピーサンド・クランチークランチ担当・河野さん)  


編集部:ドリンクをイメージしたアイスクリームというのが面白いですね。食べてみると、確かに上質な喫茶店のエスプレッソマキアートのように、コーヒーの華やかな香りと濃厚なクリーミーさが相まり、贅沢な気持ちになります。コーヒー系の商品というと秋冬のイメージが強いですが、夏向けという点にも意外性を感じます。

河野さん:そうなんです。あえて夏に香り豊かなコーヒーというコンセプトで、とくにエスプレッソソースにはこだわっています。ソースに使ったコーヒー豆はモカを使用し、キレのある苦み、芳醇な香りを追求しました。コーヒー好きの方にも満足していただけると思います。片手で食べられる手軽さは忙しい女医の皆さんにぴったりではないでしょうか

編集部:休憩時間に片手でサクッと食べられちゃいますね。べたつかず、周りはサクサク!このサクサクの秘密は何ですか?

河野さん:アイスクリームをコーティングで包むことでアイスクリームの水分がウェハースに移らずサクサクの食感を保つことができるんです。ココアウェハースにしてほろ苦さを出し、アイスクリームの周りのコーティングにコーヒーパウダーを混ぜ込んでいます。コーヒーの芳醇な香りを感じられるような工夫のひとつです。ビターすぎず、でも、すっきりできるような苦みの加減は難しかったですね。

   

コーティング部分に見えるつぶつぶはコーヒーパウダー

編集部:新商品を開発する際、リサーチや試作にはどのくらいの人数、日数をかけているものなのですか?

河野さん:通常、R&D(商品開発部門)と企画担当の2名で商品を開発します。この商品は1年半かかりました。リサーチはスイーツの専門店に出かけてアイデアを得ることが多いです。流行を追いすぎるのではなく、多くの方に長く愛されるようなものを目指しています。 

症状フル稼働の当直が明けたばかりなのに、こんな日に限って突然のオペ……(泣)。眠いカラダにムチ打って出動! 気合を入れるためにもエネルギー補給のためにも、何かいいものはありませんか?

処方クランチークランチ『ココナッツ』(5/9発売)

 「そんなときは、見た目からして元気になれるトロピカルなアイテムをおすすめしたいです。味わいも、まさしく南国風。ザクザクとした食感のクランチークランチを食べていくうちに、頭もさえてきてもうひとがんばりできそう!」(クリスピーサンド・クランチークランチ担当・河野さん)

 

編集部:ココナッツというとビーチリゾートを連想させますね。パッケージもかわいくて海に行きたくなります!

河野さん:手に取るだけで元気になれるように、リゾートを連想させるようなパッケージデザインにしました。ココナッツのアイスクリームというのもめずらしいと思います。昔はココナッツというと独特の香りに敬遠される方も多かったと思います。最近になってココナッツオイルなどが定着してきたこともあり、今回初めてココナッツづくしの商品を発売しました。素材本来の香りと味わい、それでいて、くどすぎない甘さはなかなかありません。

編集部:ココナッツづくしというと??

河野さん:アイスクリームはもちろん、コーティングのチョコレートにもココナッツオイルを使用。そしてポイントはコーティングのチョコレートにまぶされているココナッツクッキー。ドライココナッツを使っているので食感は抜群です。

   

コーティングのチョコレートにまぶされているのがココナッツクッキー。ザクザクとした食感がたまりません

編集部:ほんとにザクザクですね! 食感が楽しくて、ほどよい甘さが疲れたカラダにしみ渡りそう~。イライラしているときにも噛み砕きたい!

河野さん:クランチークランチシリーズは食感にこだわったラインナップです。ミニカップ『クッキー&クリーム』の発売25周年を記念してクランチークランチ『ダブルクッキー&クリーム』という商品もありますので、ぜひ手に取ってみてください。 

症状長時間のオペをがんばってくれたスタッフへのお礼や、当直を代わってくれた同期へのお礼にハーゲンダッツをあげたいんです。

処方ミニカップ『バナナショコラータ』(6/27発売)

「夏の時期にしか味わえない限定商品はいかがでしょう。季節感たっぷり&話題づくりにもなるので、必ずや喜ばれると思います」(ミニカップ担当・竹田果林さん)

編集部:なんと! 発売前の新商品をいち早く女医の皆さんにお知らせしていただけるとは!! バニラや抹茶などの定番以外はなかなか自分では買わないという人も意外と多いので、限定アイテムをもらったらうれしいと思います。それに「先生、こんなにおいしいものも知っているんですね❤」とスタッフから一目置かれるかも。

竹田さんハーゲンダッツではありそうでなかった組み合わせなので、喜んでもらえると思います。イメージは暑い夏にぴったりのバナナとチョコレートのシェイクです。

編集部:バナナとチョコレート……夏にはあまり見かけない組み合わせですね。

竹田さん:バナナはアイスクリームではなくソルベにし、完熟バナナそのもののような味わいや香りをお楽しみいただけます。ほんのり苦みのあるベルギー産のチョコレートを合わせて夏向きのスッキリとした味わいにしています。

編集部チョコレートの苦みが大人っぽいアクセントですね。だんだん溶けてくると、シェイクみたいになってきました~。時間とともに舌ざわりが変化してもおいしい~♪

アイスクリームでほっとひと息ついたら、
気分も新たにお仕事検索 ➡ Dr.アルなび

最後に聞きました。
究極の逸品を選ぶとしたら?

編集部:期間限定商品も含めて年間でどのくらいの商品を展開されているのですか?

竹田さん:ミニカップ、クリスピーサンド、クランチ―クランチを全部合わせると、だいたい年間で25商品くらいを展開しています。

編集部:そんな多種多彩なラインナップの中から、究極のごほうびにするならどのアイテムがおすすめですか? 選ぶのは難しいとは思いますが、あえて選ぶとしたら……。

竹田さん私は、やっぱりバニラだと思うんです(即答)

編集部:えっ、バニラですか。定番中の定番だけに意外です! 今までに何度か改良を繰り返しているんですか?

竹田さん:いや、1961年の創業時以来、変わらないレシピなんです。

編集部:一度もリニューアルがないとは……、すごい!

竹田さん:ハーゲンダッツは創始者ルーベン・マタスが「究極のアイスクリームを作りたい!」という熱意のもとで始まりました。それだけ考え抜かれているのだと思います。

編集部:海外の『バニラ』でもレシピは同じでなんですか? 

竹田さん:どの国でもレシピは同じです。ただ、原材料の産地が違うので風味は若干変わってきてしまうかと。

編集部:どの国の『バニラ』が一番おいしいとされますか?

竹田さん:どうでしょう、食べ慣れた日本の『バニラ』が一番おいしいと思えるのでは(笑)。

編集部:素材へのこだわりもあるのですか?

竹田さん:主原料のミルクにはかなりのこだわりがあります。日本では北海道の根釧地方のミルクを使用しています。日本上陸に向けて素材探しをしたときに、このミルクがハーゲンダッツアイスクリームに合うということで選ばれました。バニラビーンズはマダガスカル産のレッドビーンズを使用しています。日本ではブラックビーンズが主流ですが、ハーゲンダッツでは濃厚な味わいのクリームに合わせて、複雑で深い香りが特長のレッドビーンズを選んでいます。

ちなみに、フルーツやナッツ、チョコレートなども厳選されています。ミニカップ『ストロベリー』に使われているストロベリーは創始者が3年もかけて探し出したもの。かじったときに中まで赤いベリーにこだわり、着色などは一切しません。ミニカップ『ショコラミント』も緑色に着色せず、白い色です。

それから、よく「ハーゲンダッツはかたい」と言われるのですがアイスクリームに含まれる空気の量が関係しています。空気の含有量を少なくしているため、ずっしりと重くクリーミーな味わいになっています。シンプルな『バニラ』は素材のよさを一番感じられると思います。

編集部:そんな究極の『バニラ』の究極の食べ方ってありますか?

竹田さん:ちょっとゆるいかな? と思うくらい、カップの外側を指で押してみて少しつぶれるくらいが食べごろです。卵の香り、濃厚なコクに気づけると思います。時間がたつとともに変化する味わいや香りを楽しんでもらいたいです。

編集部:溶け始めても焦らず、“溶けるんじゃないの…溶かすの❤”(ブルゾンちえみ風)ですね。どんなシーンで食べるのがおすすめですか?

竹田さんこだわりの『バニラ』だからこそゆっくりと味わってもらいたいです。1日の終わりにその日を振り返りながら……元気づけたいときにも、癒されたいときにも、自分へのごほうびとして食べてもらいたいです。

編集部:今日はちょっと気分を変えたいかな…という日などに、アレンジのおすすめはありますか?

竹田さん:いろいろ試していますが、最近のヒットはバニラ+オリーブオイルバニラ+ピンクペッパー。意外な組み合わせが思いのほかおいしいんです。ワインやウィスキーなどお酒のおつまみにもなります。ピンクペッパーはかわいらしいですが、ご家庭にあるブラックペッパーでもいいと思います。

編集部:試食させていただいたら気持ちも頭もシャキッとしてきたような……。お疲れ気味の女医さんたちを癒し元気をチャージしてくれる、魔法のようなスイーツですね

竹田さん:ありがとうございます。お忙しい毎日の中、ハーゲンダッツを身近なものとしてくださって光栄です。ごほうびとしての高揚感はさることながら、食べやすい流動食のひとつとして患者さまへ推奨していただく例も多くあるようです。手術後に“最初に食べたいもの”として挙げていただくこともあるとか。今後も多くの機会で手に取っていただけるとうれしいです。

さまざまな企業に出合える
産業医の道、考えてみませんか?
まずはjoy.net産業医お問合せフォームにご連絡ください。

~ハーゲンハートを知っていますか?~

今日のあなたの運だめし
フタをしめるときに角がつぶれてできる偶然の産物、通称“ハーゲンハート”。これが現れたら何かいいことあるかも♪ 

 

  

文/黒沼由紀子

転職の準備は早めスタートがカギ
1分でカンタン登録!
プロのエージェントがお仕事探しをお手伝いします


<関連記事>

 【joy休憩時間】バリスタに聞く 
女医的コーヒーの楽しみ方

【joyマルシェ】スーパーフルーツビネガーでアンチエイジング。
パパッと作って朝食やデザートに

 【joy マルシェ】 
旬の“おいしい”をお取り寄せ。 
リオ五輪はブラジルビール&おつまみで観戦!