616fef27 f6d7 42f4 86b5 c8e27d84d34dキャリア
2018年02月09日

天職と思える医師の仕事だけど、道は険しく迷いや挫けそうになることも多々。どうしたらいいの?/女医のお悩み相談室Vol.8

医師の仕事は好き。やりがいも感じている。でも、時に陥る無力感や、どうしても感じてしまうやりづらさ、そして、ライフイベントとの両立――。一体どう向き合っていけばいいの? フライトドクターとして、悔しさを乗り越えながら活躍する番匠谷友紀先生に聞いてみました。

\キャリアへのモヤモヤを感じたら・・・/
Dr.転職なび」「Dr.アルなび」で新しいステージを探してみませんか?

\今日のセンパイ/
番匠谷友紀(ばんしょうたに・ゆき)
公立豊岡病院 但馬救命救急センター 医長。 
滋賀医科大学卒業。専門/救急医学,集中治療学,救急・外傷外科学。認定/日本救急医学会救急科専門医、日本集中治療医学会専門医、日本外科学会専門医。日本DMAT隊員、日本航空医療学会認定指導者。

Q 手を尽くしても救えない命があったり、無力感を抱いたりして「辞めたい」と思ったことはありますか?また、多忙な日々にバーンアウト(燃え尽き症候群)のようになってしまうことはありませんか?そういった気持ちをどのように乗り越えていけばいいのでしょうか。

 

A 今頑張ることで、いつか救える人がいる

私も、辞めたいと思ったこと、ありますよ。無力感に苛まれるのは、自分の実力が足りて無くて、まだあれもできたんじゃないか、これもできたんじゃないかというような想いがあるからこそだと思います。しんどいですよね。

昔はそういうことが結構ありました。上司から、「主治医が違ったら助けられたかもしれない」と言われたこともあり、もう辞めようかなと思いました。

でも、今辞めても、その人は救えないし、その人が与えてくれた知識とかも、そこで終わりになってしまうと、自分の中で整理し続けてきました

頑張ってきたせいか、最近は、こうすればよかったな、ああすればよかったなと思うことが減ってきましたね。「この患者さんには、できる限りのことは全部やったけど、それでもだめだった」と思えるほど、できることが増えました。心情的に、しんどかったなというのは減っています。
なので、今、つらいと思っておられる方には、今頑張ることで、いつか救える人もでてくるし、しんどい想いも、おそらく、将来的には少しは楽になってくるはずだと、お伝えしたいです。
私も、同じ経験をしてきましたから。

まとめ
・無力感に苛まれるのは、自分の実力が足りて無かったと知っているから。
・でも、辞めてしまったら、経験を活かせないし、亡くなった患者さんのためにもならない。
・今、頑張ることで、自分を成長させれば、いつかちゃんと救えるようになる。

 \内科系科目の医師のイメージアンケート実施中/
こちらよりご回答ください⇒ https://goo.gl/u6tUF4

Q 職場のチームワークをあげるのはどうすればいいのでしょうか?女医の私はコメディカルや男性医師から見ると扱いづらかったり、コミュニケーションが取りづらいようで、どこかよそよそしくされてしまいます。先生がコミュニケーションで気を付けられていることはどんなことですか?

 

A 医者だから上、ではなく、一緒にやろうというスタンスが大事

あんまり敏感にならないほうがいいと思います。
人間、壁を作られていると感じると、こっちも壁を作ってしまい、ますますこじらせてしまいますよね。なので、そこは感じないふりをして、コミュニケーションしていったほうがやりやすいのではないでしょうか。

たとえ、ちょっと壁を作られているなぁと思っても、わざと気づかないふりをして、さわやかに自分から踏み込んでいく感じでいくのが女医として一番上手く、立ち回る方法かなと思いますけど。コメディカルへの対応としては,女性の看護師さんには自分が守ってやるくらいの男気を出して優しく接して、男性スタッフには,男気を出す必要はないけれども,女性らしくさわやかな感じで接したら、いいんじゃないですかね(笑)。
 
とはいえ、最初は迷いました。研修医の時は、看護師さんの方が知識持っていたりするんですよ。産婦人科にいたのですが、お産についても、自分より助産師さんのほうが知っている。でも私は医者だから、この人たちに命令しないといけないのではないか、と。

結局、経験を積んだ後、そんなことはない、自分が出来ないことを認めるのも大事だと思うようになりました。スタッフと仲良くやっていくことが、一番患者さんにとってメリットがあるんだから。医者だから上に立たなくてはならない、ではなくて、一緒にやろうというスタンスが大切だと思います。お互いリスペクトです。
今は「看護師さん大好き,いつもありがとう」という気持ちを前面に出してコミュニケーションしています。

まとめ
・壁を作られていると思っても、気付かないふりをして、ふるまうのも手。
・同性の看護師さんには、大好きという気持ちを出すようにするといいのでは。
・医者だから上、という考えは捨てて、自分が出来ないことはできないと認め、一緒にやっていくスタンスが大事。
・お互いリスペクトの気持ちを大切に。

 女性産業医を求める声、増えてます。「エムステージ産業医サポート」にご相談ください。

Q 子どもを持つタイミングを迷っています。夫婦で話し合っても「お互い忙しいから今じゃないかな?」と先送りになりがち。また、育児分担をどうしたいか…も何となく相談しづらく話し合えていません。
ご夫婦で、また職場でどのような相談、準備をしていけばいいでしょうか。

 

A 中堅になってからなら、自分のペースで働き続けられるかも

難しいと思います。女医にとって出産する時期は、早いか、ちょっと中堅になってからか、遅いかってところだと思うんです。

早いと、結局みなさん、専門医の取得が遅れるとか、技術の取得が遅れるというところで悩みますよね。それに育児は大変だから、出産後も、仕事よりプライベート優先の働き方になってしまう方が大半です。それも一つの人生だと思いますが、本人にとっては、バリバリ働けなかったことを後悔していると、いう話しはよく聞きます。

私は、後悔する必要はないと思いますよ。子どもを産み、育てることも、その時にしかできないことかもしれないし、二兎を追うモノは一兎も得ず、ともいいますから。私の友達で、国家試験中に妊娠が分って、国家試験が終わった後、研修医をせずに1回出産をして。だから周りより遅れて、研修医をして…という人生を選んだ子がいるんですけど、とても幸せそうです。

では、中堅どころになってからならどうか。専門医の資格も取得して、仕事もバリバリとある程度働く期間を経て、出産子育てのイベントを迎えるのであれば、その後も、自分のペースで働き続けることができるんじゃないかなと思います。私も今、その段階にあるので、子どもが欲しいと思っています。休むことにあまり不安を感じずに、そういうモードに入れる時期ですよね。

これが大御所になると、たぶん年齢的にしんどくなるでしょう。
そう考えると、タイミングとしては、中堅になってからがいいような気がしますね。専門医を獲っておけば、その後非常勤で働くにしてもメリットになり、強みになりますよね。ただ、卵巣年齢の問題があるので、悩ましい問題です。

結局のところ、人間、何が幸せかはわからないですけど、その人が、自分が正しいと思ってやったことだったらいいんじゃないかなと思います。妊娠出産は、女性にしかできないこと。旦那さんに対しても、自分にしかやってあげられないことだと思うので、大事なお仕事だと思って欲しいです。

まとめ
・早めの出産は、その後の復帰が難しそうだし、大御所になってからは、体力的に大変。
・中堅になって、専門医を取得してからなら、ある程度自分のペースで働き続けられる。
・早めに出産しても幸せな人はいる。自分が正しいと思って選ぶなら、後悔はしないはず。
・妊娠出産は、女性にしかできない大事なお仕事だと思って欲しい。

 文/木原 洋美

求人数最大級。各県の医療機関担当者による緻密なリサーチで、詳細で鮮度の高い求人を収集。非公開求人も多数で、「先生オリジナルの求人」もお探し可能。専任エージェントが先生の転職活動をサポートします。

  >> 求人検索はこちら  
  >> 求職支援ご登録はこちら  
  >> アルバイトの検索はこちら


関連記事
キャリア構築と働き方改革は両立するのか!? 医療現場と女医 変わらなきゃいけないこと、変えてはいけないこと――女医のお悩み相談室Vol.7

夫へ、後輩へ・・・女医のモヤモヤの処方箋  
女医のお悩み相談室Vol.6

【女医のキャリア】病院組織のなかでのカツヤク術とは?  
女医のお悩み相談室Vol.5

【女医の出産・不妊治療】大事にしたい、出産のタイミング。
女医のお悩み相談室Vol.4

【女医のキャリアと育児】スキルアップ法、育児との両立のコツとは?
女医のお悩み相談室 Vol.3

【女医のキャリアと育児】 
「2人目の壁」の乗り越え方とは? 
女医のお悩み相談室 Vol.2

【女医のキャリアと育児】 
先輩はどうやって乗りこえた? 
女医のお悩み相談室 Vol.1