D0e933bc 92e8 4276 93dd 026b6f59d0b7連載・コラム
2018年05月15日

全身麻酔中の夢/麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中 ー第27回

全身麻酔中に夢を見ている患者さんは多いとか。夢の内容は覚えていない人が多い中、麻酔科医ひつじ先生が出会った患者さんの”夢ある夢”とは?

全身麻酔中には夢を見ている、とよく言われる話です。

実際、全身麻酔から覚醒した患者さんが『夢を見ていました』とおっしゃることがあり、え、もしや術中覚醒?とドキッとすることがあります。もし術中覚醒だと困るのでわたしは必ず夢の内容をお聞きするんですが、大抵の場合覚えていらっしゃらないんですよね。良い夢だったか悪い夢だったかと聞くと、ほとんどの方は良い夢だったような気がすると答えるので、あぁそれならきっと術中覚醒ではないなと安堵するのでした。

全身麻酔から覚醒したとき、簡単な会話はできますが多くの患者さんはまだぼぅっとしています。このとき話した内容はほとんど覚えていないか、断片的にしか記憶に残っていないようです。呂律が回らず言葉が聞き取りにくいこともあります。大抵の場合は尿カテの違和感を『おしっこがしたい』と訴えるので、そういうつもりで耳を傾けると聞き取れるんですが、先日はなんだか違うことをしきりに訴えているようだったんです。

ひつじ 「え、何ですか?」
患者さん…だったんだよ…。
ひつじ 「え?もう一度おっしゃってください。」
患者さん「…、十三面待ちだったんだよ…。」
ひつじ 「っ!!!」

品行方正なジョイネット愛読者の皆様には意味不明かと存じますが、昔ちょっとだけ麻雀をかじったひつじには、これがとんでもなく凄いってことが分かります!

国士無双じゃないですか、しかもダブル役満!

麻雀の役で滅多に見ないやつだ!しかも凄くいい形で待ってる!スゴイいい夢じゃん!

・・・・・・あれ、でももしかして、もう少し麻酔覚醒が遅くてそのまま夢の続きを見ていたら、国士無双アガってたかもしれないのに、アガる前に起こしちゃった⁈

長い手術だったにも関わらずスパッと覚醒して痛みもなさそう、よしよし完璧な麻酔だったわと思ったけれど、『それって、起こしちゃダメだったんじゃないですか?』と他の麻酔科医からも言われて、このときばかりはもっと眠らせておいてあげれば良かったと反省しました(笑)。

■プロフィール:ひつじ
関東圏の急性期病院で勤務する麻酔科医。卒後13年目の麻酔指導医、集中治療専門医として激務をこなす。一般職の夫と2頭のラブラドールレトリーバーという家族構成。家庭も仕事も両立できるのは、夫の深い理解のおかげと日々感謝。謙虚に仕事に取り組んでいるつもりなのに、
何故だかドSキャラ。

 

求人数最大級。「Dr.アルなび」優先案件や非公開求人も多数。その理由は、各県の医療機関担当者による緻密なリサーチで、詳細で鮮度の高い求人を収集しているから。ご希望条件に沿って専任エージェントがリサーチすることも可能です。

  >> 求人検索はこちら  
  >> 求職支援ご登録はこちら 
  >>   産業医案件のご希望はこちら 
 

<合わせて読みたいーひつじ先生人気記事>
女医たちよ、2軍下着を捨てよ!
麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中 ー第25回

麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中 
ー第22回 セクハラ、パワハラ・・・女医のハラスメント問題 

麻酔科医ひつじのワークとライフとその真ん中 
ー第10回 手術中の火災