1c58e0aa a976 40b9 ad88 8bf46680f4f6連載・コラム
2019年06月29日

勤務地の罠/デルマ医は見た!! 第24回




joynet読者のみなさん、こんにちは!
ゆるい皮膚科医デルぽんで~す☆

皮膚科勤務医がお送りする連載『デルマ医は見た!』第24回の今回は!
勤務地と自宅の距離感について漫画にしましたー!

おそらく研修医の皆さんは、研修中の病院の近くに生息していることが、ほとんどだと思います。
急な呼びだしへの対応、朝は早く、夜は遅い。帰ったら寝るだけの日々・・・・・・
デルぽんもそんな感じで、チャリで5分のアパートに住んでいました。

勤務地と自宅が近いと、病院の外で患者さんに遭遇する「バッタリ事件」の可能性が高まる!
別に気にしなければいいだけの話なのですが、なんとなく気まずい感じがしてしまうのは私だけでしょうか。

院外でのバッタリ事件が嫌で、あえて車で小一時間の距離に開業したという先生を知っています。(やっぱりみんな、気にするのね~!)

ちなみに、自分の生まれ育った土地で勤務すると、どうなるかと言いますと。

外来に、普通に小学校の同級生が来たりします!

「デル久しぶり~!」って言われるんだけど、相手の苗字も変わっているし記憶がおぼろ・・・(ヒドイ)

あと小さいころからお世話になったおじちゃんおばちゃんも来る!
「デルちゃん大きくなってぇ~!」と言われるともう、小さくなってヘコヘコするしかありません!恥ずかし~!

そんなこんなで、「地元で開業」ならびに「親元に戻って継承」など計画中の皆々様におかれましては、そうしたバッタリ事件の可能性も心の片隅においておくと、急な旧知の来訪にも爽やかに対応できるかもしれません!

勤務地と自宅、車で30分くらいの距離がデルぽん的には理想?!

でわね☆バーイ!

■作者:デルぽん
ゆるい皮膚科勤務医。
ブログ「デルマな日常」ではデルマな4コマ漫画をお届け!
twitterFacebookにも同時配信中☆
医療者向け会員制サイト「ケアネット」や「PHPからだスマイル」(毎月18日発売)でも好評連載中☆