90a37f2d 565a 42ab b5d7 f188884278e4アンケート
2015年11月18日

同期と食べに行った深夜のラーメン、患者さんからの手紙。
思い出すと心温まる、研修医時代のうれしかったエピソード。

研修医時代はツライことだけではなく、それと同じくらい楽しい思い出があったはずです。「同期とは四六時中一緒にいてよく遊びに行った」「患者さんからの激励の言葉は今でも心に残っている」「できることが増えるとうれしかった」などなど。Joy.netパートナーの女性医師のアンケートで集まった、研修医時代の青春の1ページを紹介します。

まだまだ学生気分で、仲間と学び、遊んだ日々

 初期研修医たちは専用の研修医室が与えられ、昼も夜も一緒に過ごすことが多いようです。時間があれば遊びに出掛けたり、悩みを相談しあったりなど、苦楽を共にした仲間同士のつながりは堅固なもの!

「研修医仲間と夜中にラーメンを食べに行った後、病院に戻って仮眠をとりながら仕事をしていました。いい思い出です」(検診ドック)

 

「帰宅時間が遅かったり、病院に泊まり込んだりすることが多かったため、一緒に過ごした同僚たちとは家族のように仲良くなれたと思う」(内科)

 

「研修中のしんどかったことも、同僚・先輩・後輩たちと支えがあったから乗り越えられた」(眼科)

 

「研修医室で、悩みや愚痴をいいあえる仲間がいたのはとても心強かった。早朝の採血から、深夜までいつも一緒だった」(内科)

 給料面でもひよっ子の研修医たち。「先輩ドクターからは食事をよくおごってもらった」(小児科)、「研修医の女医は少なく、おじさま先生方がよく飲みに連れて行ってくれました」(皮膚科)など、若かりし時代だからこその楽しみもありました。

 医者としての“成績表”は患者さんからの言葉

医師のスタートラインに立ったばかりの初期研修医は、診断・治療に携われる範囲は限られています。未熟ながらも必死に取り組む姿勢は、きっと誰かが見てくれている。患者さんからの言葉やお礼はその成績表でもあります。

 

「患者さんからよく感謝の手紙をもらっていました。今思えば研修医を励まそうという患者さんの心遣いだったのかもしれません」(内科)

「卵巣がんで化学療法を受けている患者さんに対して、研修医である私は話を聞くくらいしかできず、病棟に行くのもツラかった。でも『先生の笑顔で元気が出る。ぜひ、婦人科の先生になってたくさんの人を助けて』と明るく言われたときはうれしかった」(放射線科)

 「研修時代に妊娠・出産をしたのですが、婦人科病棟の患者さんたちから毎日のように差し入れをいただきました。なかでも、大部屋のカーテンの中で隠れて食べた、患者さんが剥いてくれた甘夏柑はとてもおいしかった」(産婦人科)

「救急科勤務のとき、瀕死の状態で搬送された患者さんに対処した後、『リハビリでここまで回復できました!』とご本人から報告をもらったときはうれしかった。精神的・肉体的に大変でも、患者さんが社会復帰したり、リハビリをがんばっていたりしている姿に励まされます」(内科)

昨日より半歩でも前進していること

先輩ドクターからこっぴどく怒鳴られようとも、自分の無能さに愕然としようとも、すべてが一人前になるために通るべき道。後ろを振り向かずに、半歩でも前に進んでいることを実感する。それが研修医の最大の喜びでした。

「うれしかったのは、未熟だった処置ができるようになったこと。診断ができるようになったこと」(消火器内科)

 

「救急外来で裂傷を縫合処置したときに『最初は若い先生だから大丈夫かと心配したが、きれいに手当ができている』と言われたとき」(内科)

 

「内視鏡が好きでがんばっていたら、うちの病院に来ないかとスカウトしてもらえたのは、自信になった」(消化器科)

 

「がんの告知後の患者さんの担当を決める際に、指導医から『こういう患者さんだからこそ、先生にお願いしたい』と言われたとき。将来緩和ケア医を目指していたこともあり、任せてもらったことがうれしかった」(緩和ケア)

 「採血したとき『全然痛くなかった』と言ってもらえた」(麻酔科)など、些細なことに喜び、感動する。純粋だった研修医時代を思い出すと再認識することがあるかもしれません。

Joy.netでは随時アンケートを実施し女性医師の生の声を募集しております。多くのエピソードを集め記事に反映したいと思っておりますので、パートナー登録をお待ちしております。


関連記事

女性医師たちが遭遇した
モンスターペイシェント事件簿

女性医師にとって働きやすい職場を考える①
【実録】女医たちが今、苦労していること。

女性医師にとって働きやすい職場を考える② 
多忙な女医たちが助けられた職場の制度・環境とは?